初対面の輪に入れるかどうか

転職したときに困るのが、すでにできあがっている輪の中に入れるかどうかです。あとから1人で入ったときに、既存の輪でぺちゃぺちゃとファミリーがごとく楽しそうにしゃべっているとして、そこに強引に入っていく力がいると思います。

そこでもし入りそこねたら存在が浮いてしまうので、ちょっと恥ずかしい気持ちになるでしょう。最初が肝心というか、人見知りするタイプの人はこういう会社に入るのはやや気持ちが引けると思います。

じわじわとその人間性が出てくるのと、そこにいる輪の中の人がそれぞれわかってきて、気が合ったり合わなかったりします。なじみやすいかどうかについて、すでにその中にいる誰かに連れてこられた場合は割りと入りやすいかもしれません。

そのほかは当初に自己紹介なるものがあってそこから話が広がるかもしれません。ところが、もしもその輪が勝手に普段どおり過ごしていたら無視しているかのような形になり、自分からその輪に入って話しかけるといったことをしていく必要があります。