初対面の輪に入れるかどうか

転職したときに困るのが、すでにできあがっている輪の中に入れるかどうかです。あとから1人で入ったときに、既存の輪でぺちゃぺちゃとファミリーがごとく楽しそうにしゃべっているとして、そこに強引に入っていく力がいると思います。

そこでもし入りそこねたら存在が浮いてしまうので、ちょっと恥ずかしい気持ちになるでしょう。最初が肝心というか、人見知りするタイプの人はこういう会社に入るのはやや気持ちが引けると思います。

じわじわとその人間性が出てくるのと、そこにいる輪の中の人がそれぞれわかってきて、気が合ったり合わなかったりします。なじみやすいかどうかについて、すでにその中にいる誰かに連れてこられた場合は割りと入りやすいかもしれません。

そのほかは当初に自己紹介なるものがあってそこから話が広がるかもしれません。ところが、もしもその輪が勝手に普段どおり過ごしていたら無視しているかのような形になり、自分からその輪に入って話しかけるといったことをしていく必要があります。

収入アップのために

わたしは30代前半の男性です。
大学を卒業してから、美容院を相手にする卸営業を行っていました。
担当エリアは関西一円で、一週間で大阪、兵庫、京都、和歌山、奈良を
まわっていました。
給料は新卒でも安いほうで、勤めていた会社はこじんまりとした企業の為
大手業者にはかなわない為、どんどん営業数字は落ちてい行きました。
当然給料はアップしませんし、それどころか高速道路使用料、ガソリン代の一部を
自己負担するようになりました。3年ほど勤めましたが、このままでは
将来的に希望が持てないと思い転職を決意致しました。
当時25歳で、もともと物づくりが好きな性格で、プログラミングにも興味があった為、
システムエンジニアを目指すことにしました。
まずは夜間のスクールに通い、コンピューターの基礎とJava言語、データベースの知識を
身につけました。未経験でしたが、就職活動は割と順調にいき、3社ほど
内定を頂きました。その中でも将来有望そうな企業だと思える会社に転職し、今も働いています。
収入も転職前に比べて1.5倍くらいにはなりました。